育毛剤で髪フサフサ|頭皮トラブル改善アイテム

メンズ

AGAの予防と改善

櫛を持つ男性

原因と対策法

日本人の成人男性の1000万人は薄毛に悩んでいると言われています。成人男性がなりやすい薄毛が「男性型脱毛症」です。いわゆるAGAというのが男性型脱毛症の英語での呼び名です。男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンになることで発症します。男性型脱毛症は育毛剤を使うことで予防できます。育毛剤は頭皮に塗って使うタイプと、飲むタイプの二つの種類があります。外用薬や化粧品の育毛剤は初心者でも使いやすく、簡単に抜け毛予防ができます。飲むタイプの育毛剤には、内服薬やサプリメントがあります。内服薬ではプロペシアが、サプリメントではノコギリヤシが男性型脱毛症の予防に効果があります。

脱毛を予防する有効成分

男性向けの育毛剤には、5αリダクターゼの発生を抑止する有効成分が配合されています。5αリダクターゼは悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを産む原因でもあります。それを抑止することで、男性型脱毛症の原因そのものをなくすことができます。男性は体質的に皮脂分泌が多い人が多い傾向があります。そのため、塗るタイプの男性向けの育毛剤は、皮脂を抑える成分を配合しています。頭皮につけると毛穴から出る皮脂が抑えられ、べたつき、かゆみ、炎症などを予防することができます。ミノキシジルという血行促進成分を配合した育毛剤もあります。ミノキシジルには強い発毛効果があります。毛細血管が広がり、血液が毛根まで栄養を運んで細胞分裂が活性化します。